【Switch】「Nintendo Switchクラウドバージョン」について調べてみた【雑記】

アイキャッチ_Switchクラウド
  • URLをコピーしました!

お疲れさまです、カミナギタツキ(@kaminagitatsuki)です!

本日、『キングダムハーツ』のNintendo Switchクラウドバージョンの発売日が2022年2月10日であると発表されました!

『キングダムハーツ』シリーズは私も大好きな作品なので、この作品がSwitchで家でも外でもプレイできるようになるのはいい時代になったなぁとしみじみ思います。

ところで、この「Nintendo Switchクラウドバージョン」とはいったい何なのでしょうか?

筆者は最近Switchのゲームタイトルをプレイしていないのでこの単語が気になり、今回「Nintendo Switchクラウドバージョン」について調査しました!

この記事はこのような方にオススメ!
  • 「Nintendo Switchクラウドバージョン」が何なのか気になる
  • 普通のバージョンと何が違うのかが知りたい
  • どうすれば「クラウドバージョン」でプレイできるのか知りたい
カミナギタツキ

時代はクラウド!

目次

結論:クラウドバージョンはネット回線を使ってプレイするバージョン

結論から言います!

「Nintendo Switchクラウドバージョン」とは、ネット回線を使用してゲームデータが格納されているクラウドサーバーとデータのやりとりをしながらゲームをプレイするバージョンのことです。

クラウドサーバーと通信しながらゲームをプレイするため、ネット回線が必須なバージョンとなっています。

カミナギタツキ

クラウドとインターネットは切っても切り離せない関係

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のソフトをプレイするなら、光回線が断然オススメ!

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のソフトをプレイするなら通信速度が安定している「フレッツ光」の光回線がオススメです!

最大1Gbpsの通信速度でゲームはもちろん、音楽や映像コンテンツをダウンロードして快適に楽しむことが可能です!

料金も2,090円(税込)から利用可能なので、あまりインターネットを利用しない方でもおトクに光回線を利用することができます!

まずはご自宅で光回線が利用できるかだけでも、ぜひご利用ください!

\ おトクに光回線、始めちゃう? /

他のバージョンとの違い

スクロールできます
パッケージ版ダウンロード版Nintendo Switch
クラウドバージョン
ソフト必要不要不要
ネット回線
(ダウンロード時)
不要必要必要
ネット回線
(プレイ時)
不要不要必要
▲各バージョンごとの比較
カミナギタツキ

クラウドバージョンはダウンロードする時、プレイする時の両方でネット回線が必要です

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のメリット

PS4と同じゲームで遊べる

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のメリットは、過去にPS4版として発売されたタイトルがSwitchでもプレイできるところです。

「Nintendo Switchクラウドバージョン」に対応している作品は今回のKINGDOM HEARTS』シリーズのほかにバイオハザード7 レジデントイービルPSO2 ニュージェネシスなどがあります。

いずれもグラフィックに力が入っている作品ばかりですが、それがSwitchで遊べるようになります。

グラフィックが綺麗なゲームはそれだけでかなりの容量を使用しますが、Switchのスペックだと処理しきれません。

そこで「Nintendo Switchクラウドバージョン」は大容量の処理を別のサーバーで行い、その処理結果のみをSwitchに渡すことで、PS4と同様の作品をプレイできるようにする仕組みになっています。

カミナギタツキ

Switchの性能は関係ないので、今後もPS4の作品がSwitchでもプレイできるようになるかも!

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のデメリット

常にネット回線に接続している必要がある

「Nintendo Switchクラウドバージョン」の1つ目のデメリットはゲームのプレイ中は常時インターネットに接続している必要があることです。

そもそもゲームデータが置いてあるのは手元にあるSwitchではなく、接続先のサーバーです。

そのため、ネット回線が切れてしまうとゲームがプレイできなくなってしまいます。

いきなり家のブレーカーが落ちて、ゲーム機本体の電源が切れてしまうのと同じです。

常にサーバーと通信が行われているので、感覚としてはオンラインゲームに近いかもしれません。

カミナギタツキ

常にインターネットに接続していないといけないので、外で遊ぶのは難しいかも……

回線の具合によって遅延する可能性がある

2つ目のデメリットは接続しているインターネット回線の状況によって、ゲームの遅延などが発生することです。

ネット回線を使用している性質上、通信状況は重要になってきます。

電波の悪い場所ではダウンロードの速度が遅くなるのと同じように、プレイ中に電波が悪くなってしまうと映像が途切れたりすることもあるようです。

カミナギタツキ

通信状況が悪いと気づいたらゲームオーバーになっているかも?

まとめ:「Nintendo Switchクラウドバージョン」にはネット回線が必須!

以上、「Nintendo Switchクラウドバージョン」について調べたことの内容まとめでした。

今回の調査で「Nintendo Switchクラウドバージョン」を利用することで、SwitchのスペックでもPS4で発売されているゲームタイトルがプレイできることが判明しました。

一方でゲームをプレイする際に常時インターネット回線に接続していなければいけないため、テザリングやモバイルルーターを使わないと外ではプレイできないことも判明しました。

常時ネット回線を使用しなければいけないため、ご自宅でモバイルルーターなどを使ってインターネットに接続している場合、「気づいたら月の通信上限を超えてしまっていた!」といったことにも繋がるかもしれません。

Switch本体だけで4K画質や60fpsに対応したタイトルが遊べるようになるのはいつになるのか……。

以上、カミナギタツキでした!

カミナギタツキ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のソフトをプレイするなら、光回線が断然オススメ!

「Nintendo Switchクラウドバージョン」のソフトをプレイするなら通信速度が安定している「フレッツ光」の光回線がオススメです!

最大1Gbpsの通信速度でゲームはもちろん、音楽や映像コンテンツをダウンロードして快適に楽しむことが可能です!

料金も2,090円(税込)から利用可能なので、あまりインターネットを利用しない方でもおトクに光回線を利用することができます!

まずはご自宅で光回線が利用できるかだけでも、ぜひご利用ください!

\ おトクに光回線、始めちゃう? /

アイキャッチ_Switchクラウド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次